特産品紹介

水稲種子(イネ科イネ属)

JA美馬管内では、徳島県唯一の水稲種子栽培産地であり、キヌヒカリ・ヒノヒカリ・山田錦の3品種を48戸36ha栽培しています。圃場審査・下見検査等、厳しい検査に合格した良質な水稲種子です。

なす(ナス科ナス属)

生育適温は25~28℃で日当たりの良い有機質に富んだ場所を好み、夏秋野菜の代表的な野菜です。管内では、約70名の生産者が、千両なす・筑陽なす(中長なす)を栽培してしています。6月下旬~10月下旬まで出荷しており色つや良く中京・京阪神市場において高く評価されています。

ピ-マン(ナス科トウガラシ属)

高温を好み、多湿と乾燥には弱い。中山間地で多く栽培され、徳島県1位の産地です。生産者約90名3haを栽培しています。6月下旬~10月下旬まで出荷され、袋詰め機械化が進む中、ひとつひとつ丁寧に手詰めで行っており、品質も良く高く評価されています。

にんじん(セリ科ニンジン属)

有機質に富んだ砂質土壌で水はけの良いところを好み、トンネル栽培を行っている。3月下旬~5月下旬まで出荷をしており、全生産者がとくしま安2農産物(安2GAP)の認定を受けており、安全で安心な栽培に取り組んでいます。

レタス(キク科アキノノゲシ属)

平坦部の水田で水稲収穫後9月中旬頃から定植し、11月~5月下旬まで収穫が行われ、厳寒期取りは、270cmの大型トンネルを使用し大玉生産に取り組んでいます。生産者は47名約20ha栽培しています。

ブロッコリ-(アブラナ科アブラナ属)

平坦部の水田で水稲収穫後9月上旬頃から定植し、10月下旬~5月下旬まで収穫が行われ、品質維持のため全期間氷詰め出荷を行っています。品種はアントシアンのでない品種を選定し栽培を行っています。

ぶどう(ブドウ科ブドウ属)

昭和35年ぐらいから栽培が続く歴史ある産地です。現在は大粒系ベリ-A・巨峰・ピオ-ネ・藤稔の他にシャインマスカットを出荷しています。生産者は6名約4haを栽培しています。全生産者がエコファ-マ-、とくしま安2農産物(安2GAP)の認定を受けており、徳島県特選ブランド品目にも認定され、安全で安心な栽培に取り組んでいます。

かき(カキノキ科カキノキ属)

管内では刀根柿・平核無柿・あたご柿を出荷している。柿は、ビタミンCが豊富で、β-カロテン、ビタミンB群などのビタミンや、カリウムなどのミネラルも含んでいるヘルシーな食材です。また、渋み成分のタンニンには、血圧を下げる効果があります。

ゆず(ミカン科ミカン属)

管内のゆず生産農家は 名でほとんどが、当JA加工場にて搾り果汁として販売を行っています。その果汁を使ったゆずのジュ-スとしても販売しています。ゆずは柑橘類に多いそうか病、かいよう病への耐久があるため、農薬の回数も少なく、とくしま安2農産物(安2GAP)の認定も受けており、安全で安心な栽培に取り組んでいます。
Copyright(c) JA美馬 All Rights Reserved.